プロフィール

富山産鹿児島人(レイド)

Author:富山産鹿児島人(レイド)
日本中を、バイクで周った挙句、鹿児島県は、「喜界島」という所にたどり着きました。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全身日焼けの影響か、朝から体調が悪い。
こんな日はおとなしくしようと、スギラビーチで本を読んで過ごすことに。

昼前に、東京から観光できているというマダム2人と遭遇。
色々話すうちに、17:00の飛行機の出発時間まで喜界島内を案内することに。

途中、空港でマダムたちの親戚夫婦も乗せる。
娘さんが喜界島で介護の仕事をやっているというので、会いにきたそうだ。
娘さんの乗ってきた車と2台で喜界島を一周

観光地を巡っていくだけじゃ面白くないので、自分のお気に入りスポットを周っていく。
湾・赤連を過ぎ、池治ビーチへ。

DSC00728.jpg


アオサ・サクナなど、自生している野草を堪能したらムチャカナ公園・雁股の泉は無視し、トンビ崎へ
トンビ崎の潮溜まりでは熱帯魚・ウニが見れるのだ

DSC00732.jpg


喜界島の最北端を経由して志戸桶の海岸へ。
「水曜どうでしょう」で、一行が泊まったキャンプ場がこの近くにあるのだ

大ソテツを見た後、このまま、阿伝と行きたい所だが、途中の末吉神社へ

kikaijima 043


サンゴの岩にガジュマルが生えるというシンジラレナーイ光景が

時間も押してきたので、阿伝の集落・手久津久のガジュマルををサクッと周り、百乃台へ。
百乃台をぐるっと周りたいところだが、時間を考慮し、一気に喜界島最高所へ。

既に時間は16:20!マダム2人の飛行機出発時刻は17:00
眺望の堪能もそこそこに、喜界島空港までダッシュ!スピードは・・・言えません

何とかチェックイン時刻に間に合いホッと一安心。
滝川とか炭焼き小屋(蝶が多いのだ)も案内したかったのだが、それはまたの機会にということで

小さい島だが、サクッと周るにはもったいない。それが喜界島なのだ。

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ


スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< 意外な訪問者 | ホーム | 自爆 >>

コメント

No title

おはようございます。
 すっかり、喜界島にも慣れて、自由に伸び伸びと楽しく生活している様子がうかがえます。
 「日記」読んでるうちに、小生も裏航路フェリーにオフロードバイクを積んで喜界島へツーリングに行きたくなりました。
           徳之島のじじことibucyan

No title

離島には珍しく、走り応えのある道が多いので、ライダーにとても楽しい島です。
裏航路だと、深夜到着になるので、港まで迎えに上がります。

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。